王皓vsティモ・ボル│クウェートオープン準決勝

ITTFプロツアー'09クウェートオープン・準決勝、王皓vsティモ・ボル戦の動画です。

王皓のラリー戦の強さは、凄いですね。スーパーカウンターを決めたり、とんでもないパワードライブを打ったりといった、派手なプレーはあまりないですが、とにかく強い…。裏面のバックハンドもミスがほとんどない…。

ただこの試合、審判がひどかったようです。試合中に複数回携帯を鳴らし、ボルが抗議。国際大会なのに、有り得ない…。「中東の笛」というのがありましたが、「中東の携帯」?意味合いは違うけど^^。クウェート、恐るべし…。

ITTF Pro Tour, Kuwait Open Semi Final
Wang Hao(CHN) vs Timo Boll



にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ応援クリックお願いします(日本ブログ村卓球ブログ)
この記事へのコメント
さすが王皓さんですね。ブロック、ドライブ両方ともすごいです!
ボルもいいラリーで、結構接戦だったので、これからが期待できると思います。

とてもいい試合でした!!
Posted by 卓球部 at 2009年03月29日 17:41
最後のセットでなぜ2−0から1−1になったんですか?
それにしても、2人ともすごい。
Posted by シュン at 2009年03月29日 17:43
最後のセットは王ハオが2度打ちしたんだと思います
Posted by ぴんぽん中学生 at 2009年03月29日 20:04
ノーバウンドでとったからだと思われます
Posted by SNAKE at 2009年03月29日 20:58
この試合は本当に面白いですし、大変勉強にもなります。まず王皓は、先手を取ってボルを下がらせ、ラリーで有利になっていますね。教科書のようです。そしてボルですが、どうやら前陣で早いピッチで打つ選手が苦手のようですね。まあ回転重視なのでそこは仕方ないでしょうね。携帯の事でボルが抗議したようですが、逆に王皓は落ち着いて次のプレーに集中してるように見えます。精神面でも鍛えられていると思います。
Posted by とまと at 2009年03月29日 21:26
王ハオのドライブはフォアもバックも角度が広い。馬リンとの違いがよくわかりました。
Posted by M at 2009年03月30日 00:01
jsportでフルで見ました
1−1になったのは王皓が二度打ちしたからです
二回目は手にあったたので異常に打球が変化してるらしいです
Posted by a at 2009年03月30日 03:15
ぴんぽん中学生さん、SNAKEさんありがとうございます

Posted by シュン at 2009年03月30日 12:04
王皓の上手さは馬琳のそれとは違う上手さだと思う。馬琳はフォア重視のためにフットワークを磨きあげたが、王皓はフットワークの代わりにバックハンドを磨いたのではないか

王皓は、ペンの良さである小手先の技のやりやすさをそのままに、シェーク並の打法レパートリーの豊富さを手に入れた最初の選手かもしれない
Posted by さとう at 2009年03月30日 19:04
ワンハオのフットワークはイメージ以上のものだと思います
バックハンドのイメージが大きすぎるせいかフォアの周りこみの一発などがあまり目立ってませんね
まぁ中国選手でフットワークがよくない選手なんてめったにいませんよ
 
逆にマリンはフットワークのイメージが大きすぎてボディワークの良さがあまり知られてないですね
同じフットワークがいい選手でもユスミンほど実はフットワークはよくないという
でもそれをボディワークでカバーして窮屈な回り込みなども強打できるところがすごいです

Posted by あほいぬ at 2009年04月02日 10:45
途中でボルが、右手に持ち替えた・・・
Posted by XTEND HG at 2009年04月02日 22:36
王皓太ってますね

北京五輪の時は痩せてた
Posted by ぉーる at 2009年04月03日 18:27
王皓は横回転サーブを主に使いますが、他にどんな回転のサーブを混ぜたりしていますか。
Posted by 中国のペンギン at 2009年04月03日 19:06
中国の’横浜直通’1位の王皓、やはり世界大会優勝候補No1でしょうか。
’最も勢いのある男’馬竜、五輪金の馬琳が最後に’直通’の決定戦でなんとか代表を決めたとのこと(王国より)意外でした。あと1枠は推薦で王励勤になるのでしょう。シングルス枠7人から誰か外れます。
この熾烈な代表争いを見ても(女子を含めて)、横浜の本番では(ダブルスを含め)中国選手が敗れること自体がニュースになってしまう。この観点から大会を追うのも興味深いかもしれません。
ボル、サムソノフに日本、韓国勢がサプライズを演出して欲しいものです。

Posted by YS11 at 2009年04月04日 21:16
確かこの後の決勝戦では、馬龍に4−1でやぶれた。
Posted by 張継科 at 2009年04月06日 21:06
王皓のカーブドライブすごすぎですね
Posted by hbgj at 2009年06月08日 13:10
前コメの方が言っているように、2分50秒くらいのところで、ボルが右手にラケット持ち替えてますね・・・。普段から右手で打つ練習もしているんでしょうか?そうでなければとっさにこんな芸当できませんよね。
Posted by pp at 2010年10月24日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※管理人が承認したコメントのみ表示されます。コメントは大歓迎ですが、選手や他コメントへの誹謗中傷は無条件で削除しますので、ご注意ください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116372646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。