朱世赫vsオフチャロフ│'08広州大会団体戦

朱世赫動画リクエストがありましたので…。'08世界卓球選手権広州大会、団体戦での朱世赫vsオフチャロフです。

ドライブマンとドライブを引き合う攻撃力も凄いですが、驚異的なのは守備範囲の広さ。まさにコートの端から端まで、前面を使って相手の強打を拾いまくるのは、驚きとしか言いようがありません。

横浜大会の出場権も獲ったとのことですし、また会場を沸かせてほしいですね。

WTTC '08 in Gwangju
JOO Se Hyuk vs Dimitrij Ovtcharov





にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ応援クリックお願いします(日本ブログ村卓球ブログ)
この記事へのコメント
管理人さんどうもありがとうございます。
感激です!!!
Posted by ?? at 2009年03月24日 12:31
こうしゅうのこうは「光」ではなく「広」です。
Posted by んが at 2009年03月24日 17:49
ハハハ、やっちゃいました。どうもすみません。修正です。リンク先のページはちゃんと「広」で打ってるのに…。
Posted by 管理人 at 2009年03月24日 17:54
この動画はグルーが使えたころのものですが、ノングルーになってカットマンがまた元気になってきましたね
横浜で中国選手を倒してほしいです
くれぐれも日本勢とは当たらないように…ww
Posted by a at 2009年03月27日 00:35
aさん 同感です^^
女子も同じ傾向です。今年のプロツアーで韓国の金と朴が中国代表の若手、ヤオ彦と丁寧をそれぞれ破っています。第3のカットマン徐には愛ちゃんが昨年のアジアカップに続きまたしてもフルセット負けを喫した。そしてシンガポールのフェン天ウェイ(中国を除き世界ランク最上位)を下したというViパブロビッチもいます。

ところで01’大阪大会のとき、相手がどうしようもない位のカット打ちと思ったのが日本の木方vs朱の熱戦でした。その頃から朱選手の名前は知っていた訳です。第3会場(地区体育館)のデッキ真下で繰り広げられるラリーの迫力には目を見張ったものです。

ちなみに第2会場は半透明幕の天井からの光も入るプールに特設、明るく広くて気分も良かったです。隣接のメイン会場(大阪市中央体育館)は入口よりフロア面が相当低くて半地下の構造、屋根面には草木が植わっているというユニークさを思い出します。
このときが、’団体と個人が一緒’の世界選手権としては最後だったのですね。
今度の横浜アリーナは初めて見ます。座席のレイアウトも台数に合わせて(28台から終盤は2台)どんどん変わるようです。楽しみです!
Posted by YS11 at 2009年03月27日 14:59
オフチャロフのサーブは凄くよくきれていそう。
Posted by オタク at 2009年03月27日 21:31
バックハンドうまいですね。
Posted by hei at 2009年04月11日 20:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※管理人が承認したコメントのみ表示されます。コメントは大歓迎ですが、選手や他コメントへの誹謗中傷は無条件で削除しますので、ご注意ください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。