王熹(ワン・シ)vs王増翠(ワン・ゼンイ)

卓球ヨーロッパチャンピオンズリーグ、ドイツのフルダ・マーバーツェルvs、ポーランドのボゴリア戦の動画です。

マルダ…はカットマンの王熹(ワン・シ)、ボゴリアは表速攻の王増翠(ワン・ゼンイ)。

王増翠の、表ソフトでのカット打ちは見ものです。軽打で粘り、チャンスボールを角度打ちでスパっと決める…。カットマンは相当やりにくいでしょうね。ただいかんせん、精度悪し。前半は機能していましたが、後半はボロボロ…。

逆に王熹の攻撃が見事です。

Europe Champions League:
Wang Xi(Fulda-Maberzell・GER) vs Wang Zeng Yi(Bogoria・POL)



にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ応援クリックお願いします(日本ブログ村卓球ブログ)
この記事へのコメント
15年前は表ソフト前陣速攻型の選手がいっぱいいたなぁ。ツッツキ打ち(角度打ちっていうんですか。私はてっきりミート打ちというものとばかり)もやりやすかったから、3球目攻撃なんてスマッシュ感覚でパカスカ打ちまくってましたよ。球も38_で速く、今みたいにはなかなかラリーが続かなかった。今の卓球は球の軌跡がダイナミックで美しく、観ていて面白い。隔世の感があります

あと、テレビ放映のときのアングル、あれなんとかならないかな。殆ど後ろから撮るから、球の速さや軌跡の美しさが判りにくい。もう少し横に近いアングルから撮って、ダイナミックな弾道、変化を見せるべきだと私は思っています。テニスとは違う
Posted by さとう at 2009年03月17日 00:07
王増翠が世界ランキング46位に上がっているのでびっくりしました。いいぞもっと上がれ!
それには「プレーの精度」が鍵になると思う。本人はそのことに気がついているのかな?
Posted by 謎の朦朧人 at 2009年03月17日 00:51
王増翠はブロックがうまいですね.

Posted by オモテ at 2009年03月20日 11:25
王熹のプレーはやっぱりいいですね。
今シーズン、ブンデスリーガでは12勝7敗と勝ち越してますし。
負けた試合もフルセットばかりで、とてもいい選手だと思います。
Posted by 卓球好き at 2009年03月22日 12:48
上手い選手(王熹)ですね。今シーズンのブンデスリーガで王熹に勝った7名って、例えば誰でしょうか?
Posted by さとう at 2009年03月22日 17:37
すごい試合ですね。
やはりスマッシュを何本も打ち込まれるとカットマンは嫌でしょうね。
Posted by カットまん at 2010年10月16日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※管理人が承認したコメントのみ表示されます。コメントは大歓迎ですが、選手や他コメントへの誹謗中傷は無条件で削除しますので、ご注意ください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115716216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。