ジャン・ソンマンvsチェン・ユック│北京オリンピックアジア予選

北京オリンピック卓球アジア予選、北朝鮮のカットマン、ジャン・ソンマンvs香港のエース、チェン・ユック戦の動画です。

ジャン・ソンマン選手は「壊し屋」の異名があるそうですが、対戦相手の肩が壊れるまでカットで粘りまくるところからついたようです。この北京オリンピックアジア予選で、岸川選手と2度の激闘を演じ、日本でも名を知られるようになりましたね。

小柄で筋肉質の体型は陳衛星選手に似ていますが、フォアもバックもブツ切りカットが主体の、古いタイプのカットマンに分類されると思います。昔の北朝鮮の名チョッパー、リ・グンサンの直系でしょう。とはいえ、時折放つフォアドライブや、バックハンド強打も強烈。動きまくり拾いまくる、エキサイティングな卓球です。

Beijing Olympic Asian Qualification,
Jang Song Man(PRK) vs Cheung Yuk(HKG)



にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ応援クリックお願いします(日本ブログ村卓球ブログ)
この記事へのコメント
リグンサンのほうが強かったかな。リグンサンはまだ卓球をやっているのでしょうか。顔をよく覚えていませんが、この動画でベンチにいなかったかな

用具は国交のある中国製のラケットに中国製粘着ラバーでしょうか
Posted by さとう at 2009年02月28日 01:08
何か、見てるとウケルww
Posted by リュウガ at 2009年02月28日 12:21
北朝鮮はあまり強くないイメージがありましたが
こんなに強いカットマンがいるなんて知りませんでした!!

これから伸びる国かもしれませんね・・・
Posted by 学生 at 2009年02月28日 18:10
リュウガさん何がウケルんですか?
Posted by 厨房 at 2009年03月01日 11:57
強すぎる
Posted by かい at 2009年03月01日 14:56
学生さん>
北朝鮮はなかなか伸びないと思いますよ。理由は社会主義国だからです。説明すると長くなるのでしませんが、北朝鮮はそんなに弱くないですよ。この動画と同じ、アジア予選で、名前は忘れましたが、ペンドラの北朝鮮の方が王励勤さんについで2位になってますので・・・それにしてもカットの音が妙に高いですよね。用具知りたいです。無理かな?
Posted by トマト at 2009年03月01日 17:35
二人ともパワフルですね
打球音が凄まじい・・・

ジャン・ソンマンの使用ラバーですが、
タキファイアDだとかキョウヒョウだとか
ロング3だとか802だとか
いろいろな情報がゴロゴロあって はっきりとしません・・・

ラケットはディフェンス2のSTのようですが。
Posted by むら at 2009年03月02日 07:26
何故こんなに強いのに世界ランキングでみかけることがないのでしょう。
Posted by ryo at 2009年03月06日 20:29
多分あまり国際戦に出てないからだと思います。
Posted by んが at 2009年03月07日 15:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※管理人が承認したコメントのみ表示されます。コメントは大歓迎ですが、選手や他コメントへの誹謗中傷は無条件で削除しますので、ご注意ください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114919331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。