馬龍vs馬琳│クウェートオープン準決勝

卓球ITTFプロツアー、'09クウェートオープン準決勝の動画です。試合は、中国対決。オリンピック金メダリストの馬琳vs、若手No.1の馬龍です。

馬龍は、後ろに下がらず前中陣で、パワーで押し捲る卓球をしますね。フルスイングドライブの威力は、すさまじいの一言。最近は王皓や馬琳でも、この馬龍になかなか勝てなくなってきているし、世界トップに一番近い男、と言っても過言ではないでしょう。

ITTF Pro Tour, Kuwait Open Semi Final
Ma Long(CHN) vs Ma Lin(CHN)



この記事へのコメント
以前、馬琳や馬龍は肩甲骨打法で打っているとどこかで聞いたのですが、手打ちとはどう違うのでしょうか。
Posted by YOSHI at 2009年02月18日 02:18
馬龍のバックハンドの打点の速さとブロック技術で馬琳のフォアハンドもほとんどシャットアウトしてますね。
馬龍ってこんなにロビング打ち上手いんですね。
Posted by んが at 2009年02月18日 12:25
馬龍、ものすごい圧力だ。パワードライブをこれだけ連打できるのは圧巻。

ただ、馬琳は完全に本気出してないと思うね。年齢からいって、横浜の世界選手権は、大満貫の最後のチャンス。最大の障害、馬龍には、手の内はできるだけ隠しておきたいはずだからね。

横浜大会の決勝か準決勝あたりで、とんでもない試合をするだろうな、この2人。楽しみ!
Posted by KEN at 2009年02月18日 14:35
馬龍選手2:02からのラリーでエッジボールをさばいていますね、すごい反射神経ですね。
Posted by テナジー999 at 2009年02月18日 15:26
手打ち→手首だけあるいは肘と手首だけに仕事をさせて打つ

肩甲骨打法→上記に加えさらに肩甲骨にも仕事をさせて打つ

実際には馬龍、馬琳ともにつま先、膝、腰まで目いっぱい使って、常に出しうる最大限の球威を出す努力をしています。ここまではみんな一緒なのですが、「肩甲骨も動くじゃないか、肩甲骨にも仕事をさせよう」と実行に移しているのが彼らなのだと思います。例えばフォアへ大きく動かされ、下半身が球を追うために目いっぱいの仕事をしていて、腰から下を打球のために使えないとき、肘から先だけでやっと打つ(手打ち)のと、これに肩甲骨が加わって多少の仕事をするのとでは、仕事をさせる部位が1点でも多いほうがいい球が打てるだろうということだと思います。馬琳の場合、このときフィニッシュでラケットが頭の後ろ近くへ来るようです。肩甲骨を使うことで広角打法(右利きの人の場合、フォアハンドならストレートコースより右方向(自分から見て))がやりやすくなるようです

知っている範囲で述べましたが、詳しい人は補足をお願いします
Posted by さとう at 2009年02月18日 16:25
馬龍の場合、3:00からのスローモーションのフォアハンド強打で肩甲骨打法を使っているようです。他にもフォアハンドで、ストレートコースより右側(自分側から見て)へ打っているときの肩甲骨辺りに注目してみてください。身体(特に腰)のフォア側への捻りが少なくて済むため、打球後のニュートラルへの戻りが早い(バックサイドへのカウンターに対応できる)ことがメリットかと思います

間違ってたら誰か補足・訂正をお願いします
Posted by さとう at 2009年02月18日 16:41
詳しい説明ありがとうございます。とても参考になりました。
Posted by YOSHI at 2009年02月18日 19:52
しかしよく中国選手は完全ノングルー時代に粘着性のラバーでやるよね。すごいよ。ところで吉田海偉くんは契約メーカー変えたほうよくない?
Posted by トマト at 2009年02月19日 21:02
誰か馬龍のプレースタイルを詳しく教えてください。
Posted by at 2009年02月20日 13:22
KENさん>
手の内を隠したって、あんまり意味ないと思いますがね(汗)
Posted by 卓 at 2009年02月20日 19:45
馬龍選手は今何のラバーを使っているか誰か教えて下さい。
Posted by 王 at 2009年02月20日 23:25
王さん>
今現在中国代表チーム専用の粘着ラバー、「天極3・ブルースポンジ」です。中国ラバーの回転にスピードがかなり出るとのことです。
ちなみに馬琳選手や王皓選手もスポンジが青いので同じラバーだと思われます。
日本でも一般発売してくれればいいんですけどね。

馬龍選手の豪快なドライブにはそれに合ったラバーがないとロスが多いでしょうね。
Posted by テナジー999 at 2009年02月21日 08:17
テナジー999さんありがとうございます。
Posted by 王 at 2009年02月21日 10:46
馬琳選手は新発売の漁夫の 藍鯨を使ってると聞いたのですが... どっちにしてもノングル−になって用具が変わっている可能性は高いと思います;
Posted by spin at 2009年03月02日 16:05
馬龍選手は最近藍鯨2を使用していると聞いたのですが使っているのでしょうか?        誰か教えて下さい。
Posted by IE at 2009年03月02日 23:11
馬龍、馬琳、王皓、王励勤、陳杞、張超、張継科、韓陽、郭躍、劉詩文...
全員、藍鯨2をF面に使用しております。張一博や水谷も使用しているという噂が...
Posted by malong at 2009年03月16日 19:19
その後用具は藍鯨2に変えたとのことです
普通のテンション系よりよく弾むらしいです
Posted by テナジー999 at 2009年04月28日 00:42
ノングルーとなってプロ選手はどちらかかと言うと回転量に苦しんでいると思います
Posted by 馬林大好きっ子 at 2010年03月19日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※管理人が承認したコメントのみ表示されます。コメントは大歓迎ですが、選手や他コメントへの誹謗中傷は無条件で削除しますので、ご注意ください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。